BLOG

November 26, 2019

私が起草から関係議員への説明まで一連のプロセスを担わせていただいた『認知症基本法案』を国会に提出しました。法案の概要は以下の通りです。 この法案の成立により、・認知症予防を政策の主要な柱の一つに据え、予防法の確立と普及に向けた取組みが抜本的に進んでいくこと・認知症バリアフリーに向けた取組みを推進することにより、認知症

November 26, 2019

生活習慣病が症状として出てくるのはだいたい40代からで、サラリーマンであれば最も脂が乗っている年代です。生活習慣病に罹ると日々の生活が大きく制約されてしまいますし、組織の中核として活躍する人材を突然失った時に企業が受けるダメージも非常に大きいものがあります。 そうした中、近年、従業員の健康サポートに積極的な企業、いわ

November 26, 2019

10数年前、相次ぐテロやイラク戦争など不安定な中東情勢の中で、我が国のエネルギー調達先の地域的偏在に危機感を抱いていた私は、供給源の多角化によるエネルギー安全保障が重要であると感じ、資源国とのFTAを契機としてそれを実現しようと考えました。 しかし、当時のエネルギー安全保障政策の主な柱は「備蓄」と「新エネ・省エネの推

November 26, 2019

​機能しなくなった臓器の代わりに、自分の細胞から作った新たな臓器を移植する。そんな夢の医療である「再生医療」の実用化が進みつつあります。 しかし、最近まで、「再生医療」には大きな壁が立ちはだかっていました。従来の薬事制度は「医薬品」と「医療機器」を対象としたものであり、「再生医療」のような全く新しいジャンルの医療技術

November 26, 2019

災害が発生し、電気や水道などのインフラが機能不全に陥った場合、入浴や携帯電話の充電など最低限の日常生活にも支障をきたすことになります。 被災地で営業を継続している店舗等に関する情報が求められる一方、そのような情報を集約・提供するメディアは存在していませんでした。 そこで私は総務省やNHK等に対し、大規模災害発生時には

June 9, 2019

生活習慣病は国民医療費の約3割を占めており、それだけ多くの方が日常生活に不便を強いられているのが現状です。生活習慣病はある程度予防できる疾患ではありますが、自らの意思のみで正しい生活習慣を実践するのは案外難しいものです。そこで最近注目されているのが健康経営です。従業員の健康サポートに積極的な企業を経済産業省と東京証券

June 9, 2019

生活習慣病に罹ると日々の生活が大きく制約されてしまいます。ある程度予防できる疾患ではありますが、自らの意思のみで正しい生活習慣を実践するのは案外難しいものです。最近は健康経営(企業等が従業員の健康管理をサポートする取組み)が普及してきており、企業等で働いている方々にはその恩恵が行き渡りつつあります。一方、企業等で働い

June 9, 2019

これから超高齢社会を生きる私たちにとって、認知症やその介護は他人ごとではありません。 「認知症は予防できるんだ」「認知症になっても、進行予防に取組みながら、充実した生活を送ることは可能なんだ」といったように、私たち一人ひとりが認知症を正しく理解するのはとても大切なことです。 このため、認知症予防に取組む個々の団体が、

June 9, 2019

行政改革担当大臣からの指名で大臣補佐官に就任し、公務員制度改革を行った時の話です。当時、天下りの問題や省庁の縦割りの弊害が大きな社会問題になっていました。しかし、そういった問題にメスを入れようとすると省庁からは大きな抵抗に遭います。このため、省庁から送り込まれる秘書官も頼りにはできず、私が大臣にぴったりと張り付いて政

June 8, 2019

国民医療費の約3割を占めるほど患者数が多く、罹患すると日々の生活も大きく制約されてしまう生活習慣病。予防を普及するためには、一人ひとりの正しい生活習慣の実践に向けてサポートしていくことに加え、行動変容につながるような魅力的なサービス等を創出することが重要になります。 正しい生活習慣の実践をサポートする施策としては、私

Please reload

​BLOGカテゴリー

Please reload

アーカイブ

Featured Posts

学生部で講演

December 7, 2019

1/10
Please reload

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.