BLOG

December 26, 2019

豊島区の医師会で、災害発生時の医師会としての対応について説明をしていただきました。 発災直後、被災地の医療機関は患者が大挙して押し寄せパニックに陥るリスクがあります。そこで、大規模災害発生時、豊島区では病院の前に『緊急医療救護所』を設置し、軽症患者への処置を行うとともに、患者の選別(トリアージ)を行うことにしています

December 24, 2019

新宿区の災害対策担当者から、災害発生時の区としての対応について説明をしていただきました。 新宿駅は1日の平均乗降者数が約350万人と世界一多く、大規模災害発生時には多くの帰宅困難者が発生することが見込まれます。このため、いざという時には駅周辺の多くの施設が一時滞在の用に供されることになっています。しかし、区が民間施設

December 17, 2019

中野区の防災担当者から、災害発生時の区としての対応について説明をしていただきました。 区内には避難に際して手助けが必要な、いわゆる災害弱者の方々も多く住んでいます。そのような方々については区が住所等を把握しており、避難誘導において目配りをすることとされています。避難先についても福祉施設等を『二次避難所』と位置付けて活

December 13, 2019

豊島区の危機管理監から、災害発生時の区としての対応について説明をしていただきました。 首都直下型地震が発生した場合、区内でも家屋倒壊や火災延焼の危険度が高い地域が存在しています。また、大型台風等に伴う洪水により、区の南部では最大5メートルの浸水も想定されています。 区では災害発生後3日分の食料等を備蓄し、その配給体制

November 26, 2019

災害が発生し、電気や水道などのインフラが機能不全に陥った場合、入浴や携帯電話の充電など最低限の日常生活にも支障をきたすことになります。 被災地で営業を継続している店舗等に関する情報が求められる一方、そのような情報を集約・提供するメディアは存在していませんでした。 そこで私は総務省やNHK等に対し、大規模災害発生時には

November 22, 2019

自民党青年局で災害対策勉強会(連続もの)をスタート。

初回の今日は支援メニューについて内閣府、農水省、国交省、経産省からヒアリング。

得られた知見を地方議員の皆さんにも共有し、地元の復旧復興に役立ててもらいます。

October 21, 2019

台風19号は広範囲にわたり大きな傷跡を残しました。

被災された方々にお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになった方々に心からお悔やみ申し上げます。

自民党では被害状況のアップデートと今後の対策に関する検討を行っています。

いまだに道路陥落による孤立や断水、停電などの被害が続いている地域もあります。

インフラの復旧を最優先に進めながら、すみやかに、そしてしっかりとした対策を講じるべく、検討を進めていきます。

April 10, 2019

宇宙ビジネスを手掛ける「株式会社アクセルスペース」を訪問し、代表の中村友哉さんと意見交換をさせていただきました。

同社では、超小型衛星の製造を手掛けるとともに、衛星を活用したソリューションビジネスを構想しています。

数年以内に大気圏外の軌道上に数十個の超小型衛星を配備し、世界中を毎日観測できるインフラを構築することを目指しているそうです。

このようなインフラができることで社会はどう変わるのか。

例えば農地が反射する光を解析することで農作物の生育状況を把握し、農地の区画ごとに収穫時期を特定することができるようになります。

これにより、効率的で最...

April 4, 2019

みなさんはローリングストックという言葉をご存知ですか?

これは、「家庭で常温保存食品を一定量ストックしながら食べていく」という考え方です。

このローリングストックを推進するプロジェクト『DAILY STOCK ACTION』実行委員長の池上紗織さんと意見交換させていただきました。

想定外の大規模災害が頻発する中、ハード整備には限界があり、防災リテラシー向上などソフト面の対策を抜本的に強化していく必要があります。

災害時においても、しっかりと栄養を摂取して心身の健康を維持することが大切。

また、池上さんは「ローリングストックは災害時(大きな災害...

March 18, 2019

自民党の災害対策特別委員会で、被災地への物資支援の在り方について検討を行いました。

通常時の物流については民間事業者が情報処理、物流体制に関する統合的なロジスティクスを構築しているため、消費者のニーズは迅速に満たされる仕組みとなっています。

しかし、災害発生時の支援物資の物流については統合的なロジスティクスが存在せず、紙やFAXをベースとした伝言ゲームのような情報処理、行政職員の人力による物資搬出など極めて非効率な作業が行われているため、物資到着までにかなりの時間を要しています。

そこで、今後は災害発生時の官民連携を前提とした統合的ロジス...

Please reload

​BLOGカテゴリー

Please reload

アーカイブ

Featured Posts

困難を抱える子どもへの学習支援

January 22, 2020

1/10
Please reload

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.