BLOG

December 10, 2019

国光あやの代議士にご紹介いただいて、「NPO法人全国こども食堂支援センター」の湯浅理事長、金子小児科の金子院長とこども食堂について意見交換を行いました。

June 14, 2019

豊島区で不登校や貧困をはじめ様々な困難を抱える子供・若者をサポートしているNPO『PEACES』の荒井佑介副代表と意見交換させていただきました。

『PEACES』では、行政からの紹介を受け、サポートの必要な子供・若者の家庭を定期的に訪問しています。

そして信頼関係が築けたら、次は活動拠点へといざないます。

活動拠点には多くの子供・若者が集っており、ゲームや食事などを共にしながらアットホームに過ごしています。

勉強を教えてもらいたいという子供がいれば、個別に教えてあげたりもします。

そして、希望者向けに本格的なモノづくりワークショップを開催して...

May 25, 2019

貧困の連鎖解消に教育支援は不可欠。

そんな問題意識から、オンライン学習システム「すらら」を運営する株式会社すららネット社長の湯野川孝彦さんと意見交換をさせていただきました。

「すらら」はアニメのキャラクターが先生役になり、勉強の進捗に合わせてレベルアップする、ゲーム感覚の教材です。

しかも、生徒の習熟度に応じて出題が個別に最適化されるシステムになっています。

このため、低学力層の生徒でも無理なく引き上げることができ、実際、奈良県内の高校生に8か月間使わせたところ、偏差値が平均7ポイントも上昇したとのこと。

既に学校や塾でも採用が進んでいますが...

April 1, 2019

新宿区で貧困に苦しむ人の自立支援を行っているNPO「自立生活サポートセンターもやい」を訪問し、理事長の大西連さんと意見交換をさせていただきました。

貧困家庭で暮らす子供の中には、親の意向で高校に進学させてもらえなかった子や家庭の経済事情を理由に高校を中退した子、大学に進学すると生活保護の金額が減額されるから進学を諦めた子など、高等教育を受けられない子が数多くいます。

もちろん高等教育を受けたから良い、受けなかったから良くない、ということではありませんが、統計的に高卒の生涯賃金は2.4億円、大卒以上は3.2億円と大きな違いが生じています。

...

February 5, 2019

先日、自民党の文部科学部会で高等教育修学支援に関する法案の事前審査を行った旨お知らせしましたが、改めて本審査を行い、この法案を了承しました。

この法案が国会で成立すれば、住民税非課税世帯の学習意欲が高い生徒については来年の4月から、

(1)高等教育機関の入学金を最大約28万円、授業料を年額最大70万円まで補助(金額は学校の種別によって異なる)

(2)奨学金を年額最大91万円まで給付(返済不要、金額は学校の種別や実家暮らしか否かによって異なる)

となります。

February 1, 2019

先日、自民党の文部科学部会で幼児教育無償化に関する法案の事前審査を行った旨お知らせしましたが、改めて本審査を行い、この法案を了承しました。

この法案が国会で成立すれば、今年の10月から、

(1)幼稚園、保育所、認定こども園等の利用料を無償化(0~2歳については住民税非課税世帯のみ)

(2)幼稚園の預かり保育について月額1.13万円まで補助

(3)認可外保育施設の利用について、

 ①保育の必要性の認定を受けた3~5歳児について月額3.7万円まで補助

 ②保育の必要性の認定を受けた住民税非課税世帯の0~2歳児について月額4.2万円まで補助

となります...

January 30, 2019

自民党の文部科学部会で、幼児教育無償化と高等教育修学支援に関する法案の事前審査を行いました。

家庭の経済力等によらずに十分な教育を受けることができる社会の実現に向け、一歩前進です。

January 25, 2019

『カタリバ』というNPOの今村久美代表とスタッフの加賀大資さんにご案内いただいて、足立区にある困難を抱える子どもたちのための施設を見学させていただきました。

『アダチベース』という名のこの施設では、困難を抱える家庭の中学生に居場所を提供し、食事や勉強、体験型ワークショップなどのサポートをするとともに、家庭訪問などの活動を行っています。

現在、こども食堂や学習支援など、子供の貧困対策については全国で数多くの活動が行われています。

しかし、中には「集まっているのは一般家庭の子供が多く、本当に困っている子供に支援の手がなかなか届かない」と悩む方...

October 13, 2017

「安定した仕事に就ける世の中にしてもらえますか」

街頭での選挙活動中、そう語りかけてくれた男性がいました。

・正社員としての採用を望みながら長くアルバイト生活を続けざるを得ないでいること、

・真剣に交際中の彼女はいるが、ワーキングプアの現状でプロポーズするのをためらっていること、

・将来子供をつくっても、今の収入では十分な教育を受けさせられないだろうし、そうなれば自分と同じような苦しい人生にさせてしまうのではないかと思っていること

など、苦しい胸の内を訴えかけてくれました。

不本意非正規をなくし、この男性や、似たような境遇の方々が、大きな希望を...

April 2, 2017

この度、私が代表をつとめる「より良い社会をつくる仲間の会」で新しいプロジェクトを立ち上げることとなりました。

現在、アメリカをはじめ、多くの国で格差の拡大が大きな社会問題となっています。

これは、日本にとっても対岸の火事とは言い切れません。

日本でも格差は確実に拡がっています。

格差の拡大は日本社会を不安定にし、治安の悪化にもつながりかねません。

そこで、「より良い社会をつくる仲間の会」では、貧困の連鎖を解消すべく、現場の視点から課題を洗い出し、その解決に向けて活動するプロジェクト「Youth Aid Japan」を立ち上げることとしました。

...

Please reload

​BLOGカテゴリー

Please reload

アーカイブ

Featured Posts

学生部で講演

December 7, 2019

1/10
Please reload

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.