主な実績紹介:『全国認知症予防ネットワーク』設立


これから超高齢社会を生きる私たちにとって、認知症やその介護は他人ごとではありません。

「認知症は予防できるんだ」

「認知症になっても、進行予防に取組みながら、充実した生活を送ることは可能なんだ」

といったように、私たち一人ひとりが認知症を正しく理解するのはとても大切なことです。

このため、認知症予防に取組む個々の団体が、認知症に関する正しい理解の普及に向けた取組みを行っているところではありますが、国民の関心はいまだに低く、今後の展望が開けない状況が続いています。

そこで、2017年9月、『認知症予防の会』代表の私が呼びかけ人となって、認知症予防に関する国内初の全国組織である『全国認知症予防ネットワーク』を設立しました。

『全国認知症予防ネットワーク』は、全国で認知症予防に取組む団体や医療機関、企業等が加盟し、「予防法の普及」、「予防の質の向上」、「調査・提言」に取り組んでいます。

これからも、認知症でつらい思いをする人が一人でも少なくなり、認知症の方やその家族が安心して心穏やかに暮らせる社会を目指していきます。

※この他にも、私の主な実績をhttp://tinyurl.com/y66edllxでご紹介していますので、よろしければご覧ください。


71回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.