傾聴療法


こんばんは、鈴木隼人です。

先日、認知症予防の活動の一環で、高齢者施設を訪問し、傾聴療法を実施しました。

訪問した施設では女性の利用者さんが圧倒的に多く、また、若い男性の訪問は珍しかったようで、話にとても華が咲きました。

傾聴療法は、回想法などのスキルで昔の記憶を呼び戻しながらお話をうかがうことで、脳に刺激を与える、というものです。

このような活動を継続し、そして普及していくことで、日本の社会から認知症患者さんを減らしていきたい、と思っています。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.