シニア社員を大切にする経営


72歳の中村さんの唐揚げを売る顔がイキイキしていて印象的でした。

先日、シニアの方々が活躍されている現場を視察するため、唐揚げテイクアウト専門店『歩』を訪問しました。

『歩』で働いている方の平均年齢は、65歳だそうです。

「はい、揚げたて。また顔見せに来てね!」

明るい接客に、こちらも自然と笑顔になります。

中村さんが目の前で揚げてくれた唐揚げ、とても美味しかったです。

『歩』は、「株式会社鮒忠」が運営していますが、シニア従業員のために新規事業を立ち上げるのは珍しいことだそうです。

シニアの方を大切にする経営姿勢が素敵だと感じました

鮒忠の副社長の安孫子さんからは、

「『歩』を、近所の高齢者の方やママさんが、スタッフとのたわいもない会話を楽しめる場にしていけたら」

と、地域貢献にかける思いを聞かせていただきました。

こういったシニアの方々が輝く場を創り出す取り組みを、後押ししていきたいと思います。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.