ジャズdeうどん


銀座の街中に、一風変わったうどん屋がある。

店内はオープンカフェのような開放感で、若い女性客も多い。

夜はジャズの生演奏とうどんのコラボレーションを楽しめる。

その店の名は「太常うどん」。

オーナーの川北さんは70代だ。

経営していた八百屋をご子息に譲り、リタイア後にうどん屋を開業した。

元八百屋だけあって、店先には今でも野菜が並んでいる。新鮮で美味しそうな野菜が綺麗に陳列されていると、つい買って帰りたくなる。

うどんのトッピングの目玉は野菜の天ぷら。

「これだけ豊富な野菜を揃えようと思っても、ほかでは真似できないね」

と川北さんは語る。

八百屋からうどん屋へ、全く違う業界に飛び込んだように思えるが、野菜を中心に据えている点ではブレがない。

「第二の人生だなんて思ってませんよ。人生一回だもん。ただ、リタイアした後に何かを始めるなら、それまで培った経験を生かせるものじゃないと」

私が食べたのはアボカドうどん。

温かいうどんに生のアボガドが乗っている。

「味が想像できない」って?

ビックリするほど合うんだな、これが。


30回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.