国民の健康寿命延伸に向けて


今日、ある女性から声をかけてもらいました。

認知症のお母様の介護のために仕事を辞められた方で、私の演説の中で認知症予防に触れていたことから、立ち止まって聞いてくれていたそうです。

「昔から食べ物の好き嫌いが多く、外出も少なかった」

「もっと早くに専門家にかかればよかった」

など、ご家庭での体験を振り返って聞かせてくれました。

認知症や生活習慣病は、なってしまうと本人も家族も大変ですが、予防が可能な病気でもあります。

だからこそ、皆さんがいつまでも健康に暮らしていけるよう、ヘルスケア産業の創出やヘルスリテラシーの向上など、国民の健康寿命延伸に向けた取組に官民挙げて取り組んでいきたいと思っています。

健康寿命延伸についての鈴木隼人の活動の履歴はこちら↓↓↓

https://goo.gl/EgrDGX


155回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.