『医療政策サミット2019』に登壇しました


日本医療政策機構(代表理事:黒川清先生)が主催する『医療政策サミット2019』の「次世代を担うキーパーソンと考える日本の医療」というセッションに登壇させていただきました。

本セッションでは誰が何を言ったのかについて口外しないルールになっているのですが、

・社会保障全体を従来のような「救済型」から「個の育成・強化型」に転換していく必要がある。

・特に医療においては治療から予防へ、他人まかせからセルフケアへのパラダイムシフトを起こしていかなければならない。

といった思いを抱きながらディスカッションをさせていただきました。

一緒に登壇した橋本岳衆議院議員、津村啓介衆議院議員、自見はなこ参議院議員、日本医療政策機構事務局長の乗竹さん、おつかれさまでした。

またご清聴頂いた方々やスタッフの皆さん、ありがとうございました。

皆で力を合わせ、これからの社会保障をより良いものにしていきましょう。


29回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.