子どもが産まれました

January 16, 2016

 

 

出産も佳境に入っている。

もちろん立ち会い出産だ。

少なくとも僕はそのつもりなのだが・・・・・・今は廊下で待っている。

 

看護士さんが数人、小走りで分娩室に入っていく。

新生児を受ける容器のようなものが運び込まれていった。

穏やかならぬ空気だ。

 

もしや、もう産まれるのか!?

 

はやる気持ちを抑えながら、廊下をうろうろ。

僕の存在は、忘れられているのか?

万が一、立ち会えなかったらどうしよう・・・・・・

うろうろ、うろうろ。

 

数分後、

「赤ちゃんの頭が出てきたからもう少し! 頑張りましょう!」

と、妻を励ます声が聞こえてきた。

 

えっ、頭が出てきた!? もう少し!? そりゃマズイ、ちょっと待ってー!?

 

 

────────

 

 

「おぎゃー、おぎゃー、おぎゃー」

 

なんということだ!

 

 

 

かわいい! かわいすぎる!!

(間一髪で出産に間に合った)

 

ぷっくりして柔らかいほっぺた、小さな小さな手、可憐な泣き声、すべてが愛らしい。

 

ちょっとした物音でもビックリして、「おぎゃー、おぎゃー」と泣き続ける。

赤ちゃんにとっては、見るもの、聞くもの、すべてが初めての経験。

そりゃビックリするはずだ。

我が子よ、人生は長い。これからじっくり慣れていこうな。

 

 

────────

 

 

あれから数日が経った。

 

よく、

「子どもは成長が早い」

と聞くが、

「あんよ」ができるのは1歳前後、

「おしゃべり」ができるのは2歳前後、

と言われている。

「赤ちゃん」としてかわいがれる期間は意外と長いんじゃないか、

と思っていた。

 

しかし、実際に産まれてみると・・・・・・

おっぱいを飲むのがどんどん上手になっていく。

顔つきも、声も、日々変わっていく。

想像以上に子どもの成長は早い。

 

それだけに、一日でも会えないとなると、貴重な一瞬を見逃してしまうんじゃないかと心配になる。

 

 

────────

 

 

妻が病院から帰宅し、3人での生活が始まった。

 

仰向けになった僕のお腹の上で子どもが寝ている。

 

「スーッスーッ」

 

寝息と同じリズムで息づかいも伝わってくる。

 

「そっか、子どもの呼吸って、大人より速いんだ」

 

僕の腕の中からは妻の寝息も聞こえてくる。

ああ、幸せってこういうものだったんだ、と思う。

胸が熱くなるのを感じると、不覚にも両目のくぼみに涙が溜まり、こめかみを伝って流れていった。

こんな涙は初めてだった。

 

 

────────

 

 

子育てが始まり、これまでとは大きく生活が変わっていくだろう。

仕事に休みはあるかもしれないが、子育てに休みはない。

24時間365日と続いていく。しかも我が家は共働きだ。

女性にとって仕事と子育ての両立をしやすい社会をつくるには、男性が積極的に育児を担うことが必要だ。

男性の子育てが当たり前の社会にするなら・・・・・・「先ず隗より始めよ」だ。

授乳、沐浴、おしめ交換、抱きあやし・・・・・・

今、僕にとってこれらすべてが「かけがえのない時間」になっている。

 

Please reload

​カテゴリー

Please reload

アーカイブ

Featured Posts

学習院大学での講演

November 12, 2019

1/10
Please reload

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.