サイバーセキュリティに関する制度的検討を開始




野田聖子代議士が会長、私が事務局長を務める『サイバーセキュリティ対策推進議員連盟』に、専門委員会を創設し、キックオフしました。

現状、サイバー攻撃のほとんどが海外のサーバー経由によるものです。

このため、「外国の主権を侵せない」との理由から、サイバー攻撃に対する捜査は実効性に欠け、“やったもん勝ち”状態になっています。

加えて、国家間紛争のあり方が多様化・複雑化する中、経済安全保障の観点からもサイバーインテリジェンスの重要性が増してきていますが、これは我が国の法制度上認められていません。

そこで、新たに設置した専門委員会では、これらの課題に対応すべく、有識者の方々と一緒になって制度的検討を行っていくこととしました。

通信の自由、個人情報保護、専守防衛といった極めて重要な思想とのすり合わせが必要で、極めて難しい課題ではありますが、真正面から検討し、いい突破口を見出していきたいと思います。

29回の閲覧

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.