米軍三沢基地での交流事業

河野太郎外務大臣(当時)の発案から2年越しの準備を経て、在日米軍と地元市民との交流事業がスタート。

記念すべき第1回目は米軍三沢基地で開催。

参加した日米の学生全員が「また来年参加したい」と言ってくれた。

同盟という大きな枠組みも、1人ひとりのコミュニケーションと相互理解から。



14回の閲覧