シニアの方々の活躍の場


こんばんは、鈴木隼人です。

みなさん、「マイインターン」という映画をご存知ですか?

映画好きの秘書にすすめてもらって観てきたのですが、とても感動しました。

ある会社にシニアインターンとして採用された男性が、社内の様々なトラブルや社員の公私にわたるアクシデントをさりげなく解決していき、周囲を明るく照らしていきます。

そして、会社にとって大切なものは何か、人生にとって大切なものは何か、周囲が彼から様々なことを学んでいくストーリーです。

様々な仕事を責任ある立場で勤め上げ、人間としても円熟期を迎えるシニア世代。

このような方々が、必要とされることを願いながら無為に過ごさざるを得ないでいることは社会としてあまりにももったいないし、シニアの方々にも申し訳ないと思います。

この映画を観て改めて

「シニアの方々の活躍の場をもっともっと増やしていきたい」

という思いを強くしました。

すぐに、具体的なアクションを起こしていきます。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

毎日新聞連載 ④「認知症基本法」はスタートライン

毎日新聞に『認知症対策に生きる』というタイトルで連載をしています。 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200303/pol/00m/010/006000c 最終回(第4回目)となる今回は、「認知症を取り巻く課題と認知症基本法(尊厳の尊重編)と今後の展開について書いています。

Copyright © 2017 Hayato Suzuki All Rights Reserved.