河野ワクチン大臣への要望



コロナのワクチン接種のペースが落ちています。

これは、各自治体の積極的な協力により、想定よりも速いペースで接種が進み、逆に、国が調達したワクチンを使い尽くす勢いになっているためです。

また、都心部においては、住民でない方にも接種することでワクチン不足が加速しています。


なお、ワクチンを大規模接種に回しているから個別接種分が不足しているのではないかとの指摘がありますが、大規模接種の件数及び増加ペースは限定的であり、誤解です。また、職域接種に回している影響を指摘する声もありますが、職域の新規受付は停止しており、また数の上でもその影響は限定的です。


ワクチン需給は世界的に逼迫しており、国の調達スケジュールを前倒しすることは極めて困難ですが、都道府県間、都道府県内でワクチン供給を実態に合わせて調整することはできるはずです。


そこで、都心部選出の国会議員として、東京都豊島区の高野区長、前都議会議員の堀宏道さん、豊島区議会の芳賀竜朗議員と共に、河野ワクチン担当大臣に現状の説明と調整のお願いに伺いました。

大臣には現場の声にしっかりと耳を傾けていただくことができました。今後の運用改善を心待ちにしています。

これからも、ワクチン接種が少しでも円滑に進むよう、できることに全力で取り組んでいきます。

100回の閲覧