選挙戦を振り返って



衆院選の選挙活動は本日が最終日でした。

連日の騒音に改めてお詫び申し上げます。


選挙戦を通じ、私が一貫して政策や実績の重要性を訴えてきたのは、現下の危機を乗り越えるためには国会に「すぐ働ける力」を集結させなければならない、との思いからでした。決意表明(https://www.suzukihayato.jp/post/211019-1)でも書かせていただいたように、今は更なる巨大危機の瀬戸際にあります。選挙が終わったらすぐにでも複数のリスクシナリオを描き、万が一の時に即座に対策を出せるような備えをしなければなりません。


他方、今回の選挙戦の情勢を振り返ると、非常に厳しいものを感じています。最後に改めて切実なお願いをさせてください。期日前投票がお済みでない方は、どうか明日、投票所にお運び頂けますよう、また、お知り合いの方にも「投票行った?」とお声がけを頂けますよう、心から心からお願い申し上げます。その1票が命綱です。


ここまで支えていただいた方々には本当に感謝しきれません。皆さんにどれだけ励ましていただいたことか。

このご恩を、必ずや仕事で、結果でお返ししていきたい。その思いに燃えております。

本当に、ありがとうございました。

閲覧数:165回